開店・開業看板のことなら 看板製作アート・プランニングへ!

社員のこだわり


制限のあるなかでどれだけがんばれるか。コスト、オリジナリティ、インパクト・・・どれも譲れない条件です。精一杯のところで勝負するプロデュース能力が求められる仕事ですが、制約に立ち向かうのが営業の醍醐味だと考えています。 

看板、企画、そして何より人が好きなので、期待してくださるお客さんに喜んでいただきたい、満足していただきたいという思いに動かされている感じです。ひとりではできなくても、チームだからできる。コミュニケーションのなかでアイデアを結実させ、オリジナリティの高い提案をさせていただきます。

「遊び心」を加える余裕で表現をより良い方向に導くーデザイナー 赤羽賢澄
お客さまのイメージをカタチにするには、経験プラス遊びの感覚が必要だと考えています。そのためにも、普段から視野を広げ、デザイン性のあるものに着目し、人とモノと環境が快適に、そして刺激的につながることを意識しています。 

イメージが窮屈にならず、ゆとりをもって仕事ができる。デザインにも広がりがでて、いい相乗効果を得られる。その結果、お客様とのイメージの共有ができ、それが、看板にとどまらないトータルデザインの提案をすることができると考えています。

クリエイティブであることが守備範囲を広げるカギ ー WEB・デザイナー 吉江大紀
インターネットを活かし、全国にアートプランニングの商品を発信するため、WEBショップを運営しています。半既製品の受注もしていますが、メインのオリジナル商品の反響が大きく、やはり「商品力」の重要性を実感しています。

WEBショップは対人販売ではないため、難しい部分もありますが、個性的なもの、レトロ系、デザイン看板などを中心に全国各地から問い合わせも多く、さらなる”商品力”の追求とお客様の窓口となるWEBサイトの充実に取り組んでいきたいと思います。

お客様の顔づくりの仕上げに経験とチームワークで応えるー現場施行 松島武史
お客様とアートプランニングの想いがつまって出来上がったものを設置するのは大きな喜びでもあり、身の引き締まる一瞬でもあります。お客様の店舗をつくる最後の仕上げをする想いで仕事に取り組んでいます。 

サインは小さなものから大きなものまであり、現場の状況も様々です。そのため、施工は安全・確実・丁寧に行う必要があり、経験とチームワークが要求されます。その点では、良い仲間にも恵まれ、扱っているサインも多種多様なので、それが自分の大きな強みになっていると思います。

アイディアをカタチに、その最前線でチャレンジし続けるー工場長 前田浩志
工場での看板制作を統括しています。デザインのイメージをどうふくらめてカタチにするか、現場のロケーションとどう折り合いをつけていくかなど、手を動かす前に考えることが意外と多いです。作業の段階でも、より良いカタチを模索しつつ、見直しを重ねて最適なものに仕上げていきます。 

看板の素材はデザインに合わせて、鉄鋼、木工、樹脂、電飾など様々。チームワークで技術を高め合い、いち早い対応力で新しいものにもチャレンジしています。町中で、自分たちの看板が元気にしているのを見るのが一番嬉しいですね。

柔軟な対応とチャレンジ精神が新しい可能性を実現するー 製作リーダー 田中直宏
看板もニーズに合わせて多種多様になってきています。私が担当するデジタル出力は、短納期やコストダウンへの対応、柔軟なデザイン表現を実現する重要な分野だと考えています。従来の看板では難しかった表現が、デジタル出力では可能となる、それがこの仕事の醍醐味です。 

これからも柔軟な対応をするとともに、新しい技術を取り入れ、お客様のニーズに応えられるようにするためにも、デザイナーと連携して、品質の維持向上とともに、新しい可能性にもチャレンジしていきたいと考えています。

お問い合せはこちらから

ご不明な点やご相談がありましたら、お気軽にご相談ください。
メールでのお問合せ
TOPへ戻る